>TOP >特集一覧

線を切るには 何で切ります?このワイヤー

ライン
 

線といっても…

  • 針金(鋼線、軟線)   単線ですが硬さは色々、材質も鉄、銅、アルミなど色々。
  • ワイヤー、ケーブル   細い線をより合わせて強度をもたせてあります。
  • 電線(単線、複線、より線…)   単線のものから細い線を何本も束ねたものもあります。
  • 帯線   線というより金属のバンドです。

色々あります。

でも、線に合わせた道具を使わないと、なかなか切れません。
 

線に合わせて道具を選ぶ

次のことが気にならなければ、多少まちがっても切れないことはありません。

  • きれいに切れない。
  • 時間がかかる。

しかし、全く使えないこともありますから要注意です。
特に線が太くなればなるほど、この傾向は強くなります。

細い線は皆さんニッパーやペンチで切られて問題ないと思いますが、
今回はちょっと太い線やワイヤーを切る場合の工具を紹介します。

 

太い単線や硬い単線を切る場合は

刃が線を両側から押しつぶすような感覚で切ります。

monotaroMAXPOWER  ボルトクリッパー

関節部のネジにより刃のクリアランスを調整できます。

ボルトクリッパー ボルトクリッパー

ケーブルなど複線やより線を切る場合は

monotaroOPT  ケーブルカッター

線を両側から鋏のように切ります。

ケーブルカッター ケーブルカッター

刃は熱処理されており、切れ味抜群、切れ口がきれい

※鉄、ACSR(鋼心アルミより線)には使用できません
 

帯鉄を切るには

帯鉄は資材などを束ねるために巻かれている金属製のバンドです。
幅があるので線を切るようなわけにはいきません。
どちらかというと力の入る金属鋏という感じです。

monotaro松阪商事(MCC)  バンドカッタ

線を両側から鋏のように切ります。

バンドカッタ

鉄板、ブリキ板、ベーリングフープ梱包用帯鉄、ポリプロバンドの切断に最適。
下刃が鋭角になっており、バンドの狭い隙間に差し込みやすくなっています。
替刃交換は出来ません。