>TOP >特集一覧
両口スパナとメガネレンチ 違いを知ってます?


Q. レンチとスパナは違うもの?
A. 同じです。
辞書で調べると wrench も spanner もボルトやナットを回す道具ということになります。
レンチは米語でスパナは英語ともあります。

日本ではどうでしょう。通称をよく考えてみると
両口スパナと言いますが両口レンチとは言いません。訳さずそのままオープンエンドレンチと言うことはあります。
コンビネーションレンチは片目片口レンチとも、片目片口スパナとも言います。
メガネレンチはメガネレンチが一般的で、ボックスレンチやボックススパナとはあまり言いません(正しいのですが)
モンキーレンチはモンキースパナと言うことがあります。

どうやらモンキーレンチは別にして口が開いているものはスパナ、閉じているものはレンチと言っているような感じですね。
ちなみにモンキーレンチはアジャスタブルレンチが正式名称ですよ。


Q. 両口スパナとメガネレンチの違いは?
A. 使う目的が違います。
どちらもボルト・ナットを締めたり緩めたりするものです。
どちらも両側のサイズが違うものが一般的です。

両口スパナはオープンエンドレンチというように口が開いているため、ボルトナットからの抜き差しが簡単です。
従って早回しが得意な工具です。
弱点もあります、二面で挟んで力をかけるため、ボルト・ナットの角を傷めやすいという点です。
ですから仮締めに使うとよいことになります。
MonotaRO
両口スパナ
メガネレンチは上からかぶせないとボルト・ナットに合わせられません。簡単にはあわず操作に煩雑さが増します。
そのため、六角のボルト・ナットに対し12角で合うような切り込み方がしてある訳です。
利点はメーカーの特徴にもよりますが、六角の各面均等に力が加わりボルト・ナットを傷めにくい構造になっています。
つまり、力を加えやすいので本締めに向いていると言えます。
コンビネーションレンチ両方の利点を備えたレンチで、両側は同じサイズです。
ここは要注意!

サイズは適切なものを選ぶ
 ボルト・ナットを傷める原因となりますし、本来の力で締めることはできません。
長さも重要です
 短いと余分な力が要りますが、必要以上に長いものを使うとテコの原理で力がかかり過ぎます。
 ボルト・ナットを傷めるばかりでなく、締結させる本体を傷めて事故の原因ともなります。
 締め付けの力に指定のあるものは必ずトルクレンチを使いましょう。