>TOP >特集一覧

壁うらセンサー!!


新居に移ったり、部屋の模様替えをして壁に何かを取り付けたり飾る時に、壁の裏が空洞になっていることがあります。
このような時、構わず取り付けてしまうと、せっかく取り付けたものが落ちてしまったり、壊れてしまうので注意が必要です。
また、穴を開けないようにと粘着フックを使用したりしますが、耐荷重が得られないのと、時には壁紙を剥がしてしまうこともあります。

 

壁の裏の構造を知ることが大切です。

壁の裏には桟(さん)があります。この桟に石膏ボードなどが取り付けられて壁紙が張られます。
(壁用合板にそのままクロスが貼られる場合もあります)
桟には縦桟と横桟があって、工法によって間隔は大体決まっています。桟に釘やネジが届けば大丈夫です。

木造家屋の場合 木造家屋の場合
 

桟を探す

前述のように壁を叩くとボンボンという音と、コンコンという音の所とあります。
コンコンという音の所が桟のある所です。結構、思い切って強く叩かないと、どこを叩いても同じような音に聞こえます。

今日のミソ
 叩く時は強めに叩く。
 
叩かなくても桟を探せるスグレモノ

monotaro松下電工  壁うらセンサー  EZ3802

壁うらセンサー
特長:壁うらの木材、プラスチック、金属の位置を簡単に検知できます。
タイプ:電池式
電源:乾電池式、単3形乾電池X2本(別売り)
探知能力:「木材深」木材約13〜約25mm/プラスチック約13mmまで
「木材浅」木材約13mmまで
「金属専用」金属約50oまで

※数値は壁表面から探知部材までの深さ(距離)です。探知能力はあくまで目安であり、壁材や探知部材の種類、測定環境により変化します。
※木材とプラスチックは識別できません
※外装材には使用出来ません

壁の厚さ

石膏ボードには9mm、12mm、15mmがあります。(ボードには9.5mm、12.5mmと書かれています)
壁には12mm、15mmが使われ、天井には9mmが使われていることが多いです。

今日のミソ
 ボードの厚みを考えてネジやフックのねじ込み部の長さを考える。
 

フックなどを取り付ける

フックは形状によって実はちゃんとした名前があります。知ってました?

フック各種

電動ドリルで木ネジやコーススレッドを打ち込むことは楽ですが、手作業でこれらのフックを回すことは力作業です。
下穴を開けておくとが楽に作業ができます。

今日のミソ
 下穴の太さはねじ込み部の1/2〜2/3

それでも、最後の方で硬くて入らず、思う方向に向けられない時があります。

 

フック回しというスグレモノ

monotaroルビコン  フック回し  F-90

フック回し
使用方法
−使用方法−
きり付きハンドルで下穴を開けます。
フックをあらかじめ取り付ける。
ハンドルキャップをかぶせて回しながら取り付けます。