>TOP >特集一覧

2×4材で作るシューズラック

クラフトの秋です。

DIYには心地よい季節です。今回は簡単なシューズラックの製作をしてみましょう。


まずは材料の買出しです。

  • 2×4材 6フィート(約183cm) 3本
  • コーススレッド(木ネジ) 50mm〜60mmの長さ 50本ほど
  • 水性塗料 好きな色

木ねじと比べて、ピッチ間が長くネジ山が高いものをコーススレッドといいます。

コーススレッド

※コーススレッドを使用せずに木ネジを使う場合は必ず下穴を開けておきます。
木ネジは下穴が無いと木材が割れたり、斜めに入ってしまう原因となります。

 
物知り辞典

2×4(ツーバイフォー)材は日本の軸組みによる在来工法とは異なり、面による枠組みの工法で、 アメリカ、カナダの木造家屋の8〜9割を占めています。経済性や耐久性、気密性に優れているといわれています。

種類 読み方 木口サイズ(mm)
2×2 ツー バイ ツー 38×38mm
2×4 ツー バイ フォー 38×89mm
2×6 ツー バイ シックス 38×140mm

長さ
1フィート 304.8mm
3フィート 914.4mm
6フィート 1828.8mm
8フィート 2438.4mm

今回使用するサイズです

※他にも色々あります


採寸します。

←ここで使う道具

材料を切ります。

  • 1.木口がきれいな方を活かして切っていきます。
  • 2.予め寸法を書いて切る時は切りしろに注意してください。特に電動丸鋸は刃の厚みがあるので要注意です。
刃の厚み分が減ります
 

このくらいの本数は頑張って手鋸で切るもよしですが、面倒くさい人は電動丸鋸を使いましょう。
切り口の面は手鋸の方がきれいですが、均一な面になるよう注意しましょう。
電動丸鋸は切削粉が飛び散るのと危ないので作業には十分注意してください。

採寸 鋸
 
←ここで使う道具

色を塗ります。

今回の塗り方はちょっとサンタフェ調にしてみます。

  • 1.表面にサッと240番くらいのサンドペーパーをかけます。
  • 2.好きな色の水性塗料を少し水で薄めます。
  • 3.ペタペタと大まかに塗って、直ぐにウェス等で拭き取ってしまいます。
  • 4.淡く色が残るので、好みの色加減になるまで塗り重ねます。

養生シートや新聞紙を敷くなどして、汚れに注意してください。

←ここで使う道具
 
今日のミソ

完成してから塗ると、塗れない部分や塗りにくい場所が出てくるので、材料の内に塗っておくときれいに仕上がります。

 
 

コーススレッドの位置を決めます。

コーススレッドをねじ込む場所に印を付けておきます。
コーススレッドを使用せずに木ネジを使う場合は必ず下穴を開けておきます。
木ネジは下穴が無いと木材が割れたり、斜めに入ってしまう原因となります。

組み立てましょう。

一ヶ所に2本ずつコーススレッドを入れます。
側板→天板→棚板→中背板の順番で組み立てると作業がしやすいと思います。
やりにくいと思ったら木工ボンドを使用すると作業がしやすくなります。
棚は好きな高さに付けてください。

   ←ここで使う道具